高価な注文住宅にかかる費用

注文住宅のメリットと費用

注文住宅とは、受託の建築方法のひとつであり、分譲住宅とは異なる依頼方法で建物を建てる際に使われています。分譲住宅は、あらかじめ住宅メーカーが間取りや仕様を決めており、外観や内装に対して施工主や買主の意向がはさまれることはありません。これに対して、注文住宅は、施工主・買主が自分の希望を伝え、それを活かしながら新築住宅を建てていくことになります。間取りや仕様をはじめとして、構造や内観・外観をオーダーメイドで自由に設計することが可能です。設計に関して依頼を伝えることができることから、自分の希望に沿った住宅を建てることができる一方で、費用が高くなります。一般的な傾向として、注文住宅のほうが、分譲住宅よりも圧倒的に費用が高くなります。

注文住宅にかかるおおよその費用と希望

注文住宅の建築にかかる費用の内訳は、土地を購入する費用と家を建てる際にかかる費用に分けることができます。土地を購入する費用は土地代や手付金、諸経費が掛かり、家を建てる費用としては工事契約金や着工費など様々です。これらを合わせて注文住宅の建築費用となるのですが、その全体の幅は広く1000万円台から4000万円台、1億円などと限度をつけない人もいます。平均としてはおよそ3000万円台で建てる人が多いです。1000万円台ならばシンプルでコストを抑えることになります。注文住宅では4000万円台は高級な部類に入り、この程度の費用をかけるならば様々なプランを実現することが可能です。家に対して強いこだわりを持っている人やフォロー体制のしっかりとした住宅を持ちたい人が注文します。

注文住宅で理想どおりのマイホームを建てるなら、設計事務所に依頼するのがベストです。規格住宅に比べると費用は高くなりますが、間取りや外観、建材選びに至るまでゼロベースから施工主の希望をかなえてくれます。