夢のマイホーム購入として注文住宅で家を建てる人もいるでしょう。ここでは、注文住宅を建てるにあたり、側面から必要な情報を掲載します。人生最大級の買い物になるので、参考にして下さい。素晴らしいマイホームが手に入るでしょう。

ローコストの注文住宅

ローコストの注文住宅のメリット

ローコストの注文住宅のメリットとしては価格が安いと言うこともありますが、それ以外にも様々なメリットがあります。まず挙げられるのが、着工から完成まで比較的早くできると言う点です。ローコストの注文住宅…

ローコストの注文住宅のデメリット

予算内で家を建てるためには、どうしても何かしらの妥協をする必要が出てきます。注文住宅の魅力は希望通りの家が実現することでもありますが、そのためにはやはりお金が必要です。ローコストにするには、何もか…

高価な注文住宅

建売一戸建て住宅に比べて、注文住宅は費用がかかるのが一般的です。ここでは、高価な注文住宅を建てるときのメリットやデメリット、どれくらいの費用をかけると最高レベルの家が完成するかなど、情報を掲載します。家造りの参考にして下さい。

高価な注文住宅のメリット

高価な注文住宅のデメリット

高価な注文住宅にかかる費用

理想を現実にかえる注文住宅

理想の住宅を実現するには、夢や希望を詰め込んで設計の段階から作り上げていき完成する注文住宅が一番です

ローコストの注文住宅の価格

1,000万円台で家を建てることが目標になります!

ローコスト住宅は様々な工夫により低価格を実現した住宅であり、通常は既成のプランに基づいて建てられることになります。一方の注文住宅は施主の希望などに合わせて自由な設計で建築される住宅のことであり、一般的な住宅よりも費用は割高になることがほとんどです。できるだけローコストで注文住宅を希望する場合には、1,000万円台で建てることを目標にするのが良いでしょう。近年では1,000万円以下(900万円台)で家が建てられることをアピールするハウスメーカーが増えているのですが、実際には各種諸費用を含めると総額は1,000万円を超えてしまうことがほとんどのようです。既成の住宅であっても1,000万円程度が費用の下限となりますので、手間のかかる注文住宅であれば1,000万円~1,500万円程度であれば十分にローコストだといえるのではないでしょうか。

注文住宅をローコストで建てるためのポイントは?

既成の住宅よりも割高になりやすい注文住宅をできるだけローコストで建てるためには、様々な点に注意が必要になります。まずは家全体のデザインや間取りをできるだけシンプルにすることが重要です。1階建ては2階建てよりも坪単価が割高になりますので、1階と2階の床面積が同じになる総2階建てを選ぶようにしましょう。外形は凸凹のない立方体のような形態が、最も割安に仕上げることができるデザインになります。さらに使用する材料を統一することも、ローコストを実現するための重要なポイントです。見栄えは悪くても強度に優れる輸入建材をおすすめします。システムキッチンやユニットバスなどについても、できるだけ割安なものを選ぶことが重要です。ハウスメーカーや工務店では取り扱いメーカーの旧製品を割安に仕入れている場合などがありますので、担当者に相談をしてみてください。